トイレや洗面化粧台をリフォームして快適に過ごす

トイレや洗面化粧台

毎日使う水まわりは、やはり清潔な方が気持ちよく生活を送れるようになります。トイレや洗面化粧台などのような設備機器は、使用頻度も高く、経年劣化も加わって思いのほかダメージを受けやすいもの。リフォームで一新することで、トイレや洗面所がパッと明るく、清潔感溢れる空間になるでしょう。そして、水まわりのリフォームで得られるメリットは、清潔感だけではありません。設備機器は、メーカーが日々研究に取り組んでおり、数年前のものに比べると、機能面やお手入れのしやすさなど、その性能面がぐんと向上していっているのです。その結果、例えば節水効果の高いトイレを導入することで節水につなげたりといった効果も期待できるようになるでしょう。

トイレをリフォームする場合、一般的なタンク有トイレ以外に、タンクレスやロータンクといったタイプもあるため、最適なものを選ぶところから始めましょう。タンクレスやロータンクのトイレにした場合、空間を広く見せることができるようになります。デザイン的にもすっきりしているため、おしゃれな雰囲気にもなるでしょう。しかし、手を洗う場所が新たに必要になってくるため、手洗い器の設置も検討する必要があります。

洗面化粧台をリフォーム

洗面化粧台をリフォームする場合は、まず設置できる最大寸法を確認します。寸法によって、設置できる洗面化粧台のタイプが絞られてくるからです。また、これまでに使っていた洗面化粧台で感じていた不満をピックアップしていきましょう。「収納が少なくて不便だった」「洗面ボウルが小さくて洗いにくかった」など、改善したい点が見えてくることで、新しい洗面化粧台を選びやすくなります。

トイレや洗面化粧台などの設備機器をリフォームする際は、カタログやホームページなどでも仕様を確認することができますが、できるだけショールームで実物を確認するようにしましょう。実際の使い勝手やサイズ感などは、やはり実物を目にすることで、具体的にイメージできるようになるからです。