狭い部屋でもリフォームで広く見せるコツについて

部屋が狭いと感じるのなら、それはリフォームをするタイミングかもしれません。部屋が広く感じるか狭く感じるかは、実際に部屋が何平米あるかという事よりも、家具の配置や配色によって「広々とした開放感」を感じられるかどうかに大きく依存しているのです。特にリフォームなどで部屋の内装などを大幅に変更できるのであれば、リフォームのテーマとして「広々とした雰囲気」を主眼に添えて行うのがおすすめです。そこで真っ先に気にしたいのが床材です。床一面に絨毯を敷き詰めるなどしない場合、床材がどんな色をしているかで、部屋に圧迫感を与えるか開放感を与えるかが変わってきます。モダンでシックな古い木目調のフローリングは一見良さそうですが、暗い色であると圧迫感があるため狭く感じてしまうでしょう。床材はできるだけ明るい色を選ぶのがポイントです。また床材は入り口から奥側に向かって伸びるように貼ることで広がりを感じさせることができます。

狭い部屋を広く見せる

壁紙や天井も同様に明るい色で統一することで広々とした雰囲気で部屋を統一させることができます。また部屋が一戸建ての一室などであるなら、壁を思い切ってガラス張りにする方法も良いでしょう。視覚的には隣の部屋も取り込む形になり、非常に広々とした間取りに感じる事ができます。またせっかく広々とした部屋に高い家具を敷き詰めてしまうと、ひしめき合って見えてしまうので、できるだけ家具も背の低い物でまとめるのが良いでしょう。部屋に置くものは必要なものだけにして、それ以外は収納スペースに収め、なるべく部屋がごちゃごちゃしてしまわないようにします。

広々とした開放感

家具の配置も部屋を横断するように物を置くのはオススメできません。家具それぞれをある程度離して置くことでスペースに余裕があるように見えますので、実質的なスペースを大事にして家具をギュッとくっつけて置くことのないようにしましょう。これらの工夫は広々とした印象を部屋に与えるとともに、家具のこまめな掃除などもしやすくなり、キレイな部屋を維持しやすくなります。きれいな状態を維持することも部屋が広い印象を後押しする重要なポイントなので、メンテナンス性も気にしつつ家具の配置を決めてみましょう。