オール電化のリフォームをするときの注意点と費用を抑えるためのポイント

生活の利便性の向上させるためにオール電化を導入する人が増えています。一口にオール電化と言っても導入できる場所はいくつかありますが、中でも比較的多いのがIHのクッキングヒーターとエコキュートの組み合わせです。これら2つの導入に掛かる費用は50万円から100万円が相場と言われています。リフォームに掛かる費用を少しでも抑えたいという場合に重要となるのが価格の確認です。

オール電化のリフォーム

前述したIHクッキングヒーターとエコキュートは通常メーカーの希望小売価格で表示されています。しかしこれはあくまでメーカーが希望する値段となっているため、依頼する業者との交渉次第で安くすることも可能です。キャンペーン期間などを利用することで7割近く費用を抑えられるケースも珍しくありません。リフォームをする時は複数の業者から見積もりを取ることが基本となります。住んでいる地域によっては自治体から助成金を貰えることもあるので業者だけでなく自治体に問い合わせておくことも忘れてはいけません。

オール電化の導入にはメリットだけでなく注意しなくてはいけない点もいくつかあります。その一つが調理器具の限定です。IHクッキングヒーターは電気の力を使って温める仕組みとなっているため、中華鍋を始めとしたガスコンロ用の器具は使用できません。IHに対応している調理器具しか使用できない上にガスに比べて火力が弱いため、それまでより調理に時間が掛かってしまうこともあります。調理器具以外にもストーブを始めとしたガスを利用する暖房器具なども使用することができません。それまで自宅で使っていたガス対応の器具はリサイクルや粗大ごみとして処分する必要があります。

リフォームに掛かる費用

災害時のトラブルも注意すべきポイントの一つです。オール電化は文字通り電気を使用しているため、災害時に停電が起きると熱源が断たれることになります。気温が低くなる冬場に暖房器具が使用不可になると生活に大きな支障が出かねません。リフォームをする時は万が一のトラブルを想定して工事を行うことが大切です。